サプリメント大百科

サプリメントを調べ尽くすサイト

葉酸

葉酸とは

葉酸は、ビタミンの一種で、ビタミンB 9またはビタミンMとも呼ばれる。胎児の神経と血管の発達に重要であるため、妊娠前と妊娠初期の妊婦に推奨されることもある。
フルーツに豊富に存在する。

 

一日の必要量

厚生労働省は妊娠を計画している女性に対し、1日当たり0.4mg以上の摂取を推奨している。摂取量は最大で1mgまでが好ましい。

 

葉酸の欠乏による問題

葉酸が欠乏すると、吸収不良のときに、需要が増加したときに)、過度な排泄があるときは、通常、ビタミンB 12欠乏と同じ症状が現れる可能性がある。

 

巨大未熟な赤芽構成貧血

大きく、核があり、成長した赤血球赤血球は核がない)。通常の状態の赤血球で分裂した細胞が、その作用を及ぼしたことができない。葉酸は、DNA合成に影響を与える。葉酸が欠乏すると、骨髄からのDNAの生成がないので、前駆細胞(precursor cell)が分裂、成熟していない。それでも細胞はサイズが大きくなるのにRNAが残ってタンパク質を生成するからである。細胞は大きくなり、成熟していないし、核が残っているmegaloblastになる。この細胞は、酸素結合能力が低下し、弱く疲労になる。長官吸収能力が低下し、慢性の下痢をする。白血球の合成に混乱が来る。無葉酸の食事を6〜12週間持続しなければなら赤血球に変化が来る。他の症状としては、舌と口の炎症、皮膚の異常な色素、下痢、成長の遅れ、うつ病神経症状の異常などが現れ出る。

 

神経管の損傷

胎児の発達の際、神経管の形成に欠陥が生じたものである。妊婦が葉酸欠乏であれば、胎児の発達に危険要素である。その他麻痺、尿失禁、学習能力の喪失などが表示される。

 

二分脊椎

二分脊椎症とも呼ばれており、胎児の神経管が閉鎖した妊娠21〜28日の間に母体の葉酸が欠乏すると、表示される病気である。胎児の脊髄や脊髄末端が膨らん出たりムヌェアに生まれる。ムヌェア場合には、出生直後や数日以内に死亡する。

 

参考資料

葉酸サプリ普及委員会

葉酸サプリ普及委員会(葉酸サプリ)

広告を非表示にする