サプリメント大百科

サプリメントを調べ尽くすサイト

ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリンとは

西洋諸国における食事からの1日の平均PS摂取量は、130mgと推計されている。

逆にホスファチジルセリンからホスファチジルコリンやホスファチジルエタノールアミンを得ることも可能なが、動物ではこのホスファチジルセリンからホスファチジルコリンが生成する経路は肝臓でのみ起こる。

後述される効用のため米国では広くサプリメントとして拡大している。

バクテリアにおいて、ホスファチジルセリンアミノ酸のセリンとCDP(シチジン二リン酸)によって活性化されたホスファチジン酸が縮合する事によって生合成される。

ダイズ由来PSは「俗に安全と認められる」(GRAS)とされており、1日200mgを3回摂取してもご年配にとって確かな栄養補給剤である。

1日800mgおよび600mgのPSを10日間摂取するとコルチゾール濃度の増加が弱まるものの、低用量(400mg)ではこの効果は認められていない。

初期の研究では、ホスファチジルセリンはウシの脳から精製されていた。

FDAはこの主張を支持する科学的証拠はほんど存在しないと結論付けています」との免責条項付きで表示することが許可されている。

ラットを用いた予備的研究では、3つの行動試験のうち1つでダイズ製品がウシ由来のものと同等に効果があったことが示されているが、後に行われたヒトでの臨床試験では「S-PS(大豆由来のPS)は記憶障害を有する高齢者の記憶あるいは他にの認知機能に影響を与えない」ことが明らかにされた。

現在市販されている製品は、狂牛病への懸念からキャベツあるいはダイズから作られている。

PSの補給は、運動選手に望ましいホルモンバランスを促し、オーバートレーニングやオーバーストレッチングに付随して起こる生理的劣化を弱めるかもしれない。

FDAは「証拠の全くはホスファチジルセリン認知症あるいは認知機能障害のリスク低減との間の関連を支持せず、こういった関連を支持する証拠は非常に限られ、予備的なものである」と結論付けた。

細胞にアポトーシスが起こる時、ホスファチジルセリンは細胞膜の細胞質側にもはや制限されず、細胞の表面に露出するようになる。

これによって、「ホスファチジルセリンの摂取はご年配の認知症の危険性を低減するかもしれない」、「ホスファチジルセリンの摂取は高齢者の認知機能障害の危険性を縮小するかもしれない」といった内容を、「ごく限られた・予備的な科学研究がホスファチジルセリンが高齢者の認知パフォーマンス障害のリスクを低減するかもしれないことを示唆しています。

他にのPS結合タンパク質にはMfge8がある。

標識したアネキシン-A5は、初期あるいは中期アポトーシス状態にある細胞をinvitroあるいはinvivoで可視化することが可能な。

配慮欠陥・多動性障害最初の予備研究は、PS補給が配慮欠陥・多動性障害(ADHD)を持つ子供に有益かもしれない事が示された。

テクネチウム標識されたアネキシン-A5によって、細胞分裂アポトーシスの頻度が高い病態を示す病的ステータスにある悪性腫瘍と、アポトーシスの頻度が小さい良性腫瘍を区別することが可能な。

追跡研究はこの発見を裏付けた。

ホスファチジルセリンは、リン脂質の成分であり、いつもはフリッパーゼと呼ばれる酵素によって細胞膜の内葉に留められている。

伝統的に、PSサプリメントはウシ大脳皮質(BC-PS)に由来していた。

ホスファチジルセリンはマウスにおいて特異的免疫反応を低減することが示されている。

植物原料の製品においてセリンに結合している脂肪酸は、同一ではないが同様の化学仕組みを有しており、感染の危険性がない。

アネキシン-A5はPSに反対に非常に強い繋ぎ合わせ親和性を持つ天然のタンパク質である。

PSは肉に含まれているが、脳や肝臓や腎臓といった内臓に豊富に内蔵されている。

2003年5月13日、アメリカ合衆国アメリカ食品医薬品局(FDA)は「出荷されている科学的証拠全体の評価に基づき、本局はホスファチジルセリン認知症あるいは認知働き障害のリスク縮小との間に関連が影響する事について、適格なプロの間では意味のある科学的合意は影響しないことを結論付ける」と述べた。

しかしながら、感染性疾患が伝搬する確率のため、確かと心積もりられる代替品としてダイズ由来のPS(S-PS)が確立されている。

サイクリングやウェイトトレーニング、ゴルフ、耐久運転に関わる運動選手において、PSは認知機能やパフォーマンス、ストレスへの内分泌反応、筋肉損傷の軽減、運動後の苦痛を縮小し幸福感を改善することが示されている。

この研究では、1日200mgのPSを2ヶ月間補給された子供においてADHD症状の有意な改善が見られる事が明らかにされた。

最近の研究では、PSが精神的ストレスステータスにある若者集団において気分を高揚させ、ゴルフ選手のストレス耐性を増強する事によってティーオフの間の正確性を改善する事が示されている。

白豆を除くと、乳製品や野菜にはごく少量のPSしか含まれていない。

FDAは、ホスファチジルセリンに「限定的健康強調表示(qualifiedhealthclaim)」の地位を与えている。

PSは、運動が誘導するコルチゾール濃度の増加を用量依存的に鈍化させることによって、戦闘運動によって誘導されるストレスに対する有効なサプリメントである事が報告されている。

ほ乳類では、ホスファチジルセリンはホスファチジルコリンやホスファチジルエタノールアミンの塩基交換反応によって生産される。

FDAはそして、「FDAの評価の基礎を形作る10の介入研究の中で、全てが1つ以上の所以で深刻な欠陥があるかあるいは信用性に乏しい」とも述べた。